インストゥルメンタルセレクトコース パーカッション科
MUSICスクール>インストゥルメンタルセレクトコース パーカッション科

パーカッション科

バンドアンサンブルにおいて、自由ではあるがとても重要な位置にあるのがパーカッションです。様々なビートやグルーブなどリズムを体と心で理解し表現していくことを学びます。
講師紹介
講師は全員現役のプロ!個性あふれる講師を紹介
“西野欣哉(ニシノヨシヤ) チーチョ西野”
インストゥルメンタルセレクトコース パーカッション科 (1.ラテン系楽器 2.リズムトレーニング 3.その他)
■経歴
ドラム、パーカッショニスト、作/編曲家。 studio ritMOnkey(リトモンキー)主宰。西宮在住。 1968年生まれ。 関西を代表するラテン系パーカッショニストの一人。二本の手から繰り出されるパワフルかつ繊細なプレイには定評がある。ことにコンガの音色は天下一品で関係者から高い評価を得ている。 数多くのグループやユニットに参加する傍ら、SMAP、シモーヌ深雪、コモエスタ八重樫、小西康陽、他数多くのアーティストのレコーディングに参加するなどスタジオミュージシャンとしての顔も広い。 また自己のソロユニット「ART HAND(アートハンド)」名義でクラブミュージックシーンでも活躍中である。これまでにもアナログ盤、コンピレーションCDに参加。 現在ソロアルバムDVD製作中である。他にもサウンドエンジニア、DJ、音楽講師、粉物研究家、二児のパパとしても活動している。
コース料金