ボーカルコース
MUSICスクール>ボーカルコース

ボーカルコース

いかに自由に、「言葉の魂」を歌として相手に伝えることができるかを学び、腹式呼吸・発声法・発音法・ブレスコントロールなどを重点的に指導します。また、発声と密接な関係にある体の柔軟性を養い、リズミカルで豊かな表現力を身につけるためのステップトレーニングなども行います。
講師紹介
講師は全員現役のプロ!個性あふれる講師を紹介
“中浜加津子(ナカハマカズコ)”
ボーカルコース(クラシック)
■経歴
武庫川女子大学音楽学部声楽科卒業。 在学中、スペイン国際アカデミーに参加、故リタ・シュトライヒ氏よりディプロマを授与。 1984年よりウィーン国立音楽大学に席を置き、M・ダヴィット、R・ベッシュ両氏に師事。 同時にブルグ劇場俳優M・シュナウアー氏に言語表現を、フォルクス芸術学校講師E・ドンニッツ氏に舞踊を師事。 帰国後は、関西で唯一オペレッタを専門とする団体『喜歌劇楽友協会』に所属し『こうもり』『ボッカチオ』等多数ソリストとして出演。カンタータなどの古典ものからコンチネンタルタンゴ、ドイツ民謡と幅広く、ヨーデルまで歌いこなす。 現在、喜歌劇楽友協会理事。
“橘千 佳(タチバナ チカ)”
ボーカルコース  ボーカリまっか?ボチボチでんな。
■経歴
ジャズ、ポップスからラテン、サルサまで歌いこなすボーカリスト。大阪音楽大学を卒業と同時に活動を開始。 TV・ラジオ・イベント・コンサート・ミュージカル等への出演、スタジオワークと幅広く活動中。形態も、バンド・アカペラ・ソロ・ユニットと様々。ジャニーズから演歌まで、バックコーラスとして参加したツアー・コンサートは数知れず。ついでに泣かした男も数知れず(笑)。
“ボンビ 柿本(ボンビ カキモト)”
ボーカルコース (ジャズ、ポップス、スクリーン)
■経歴
TVのカバーガール、バニーガール、コンパニオン、ゴーゴーダンサーなどを経て、箱シンガーに。 ホテルスカイラウンジ、ライブハウス、各種イベントなどに多数出演。最近ではCM、Vシネ、舞台などキャラクター女優としても活躍中。
“京山 昌男(キョウヤマ マサオ)”
ボーカルコース、ゴスペル科
■経歴
小・中・高を普通に卒業後、理容師に(自宅が理容店なもんで)。 その後歌を始めるが困難を極める・・・ハハハッ、嘘です。 普通にライブ、サポート、録音等重ねるうちになぜかパワーサウンドの講師に。サックスの酒井氏に騙され?そそのかされ?いやいやお誘いを受けて今に至る。とこんなもんでどうでしょう! もちろん現在も録音、ライブと活動中。
“平山 修三(ヒラヤマ シュウゾウ)”
ボーカルコース
■経歴
大阪府出身。魚座のA型。大学在学中よりバンド活動を始める(YAMAHA 8.8ROCK DAY優勝、Happy Fork contest 2回優勝、Sound with Coke入賞、YAMAHA POP CON全国大会2度出場等受賞の経験あり)。 大学卒業後、Sweet Area(vo,per:カルロス菅野、key:中村葉子、bass:泉尚也、gt:平山国次)というバンドでライブ活動をし、有名ミュージシャンのバックアップや共演をする。 その後、YAMAHAリゾート合歓の郷専属ドラマーを2年半勤める。 京都KENTO’Sオープンと共に京都に移り住み、ハウスバンドドラマーとして1年半勤める。 KENTO'S、Cavarn Club、都雅都雅のハウスプロデューサー、製作部長として3年間、大阪帝国ホテル パタパタ・デ・ラ・サルサの音響、照明エンジニアとして4年間勤め退社。 その間フリーのミュージシャンとしてエクスストリームスキーのビデオの音楽を制作。 自己のユニットASKのファーストCD「Getting older means getting better」を発表。 白浜アドベンチャーワールド等、TV.CMの音楽制作も有り。 ドラム・ギター・ボーカル等をこなすマルチプレイヤーで、甘くソフトな歌声で幅広いジャンルの曲を演奏する。
“菅マナミ(スガマナミ)”
ボーカル(JAZZ、POPS、BLUES、ROCK、R&B、GOSPEL、SALSA何でもこい!)
■経歴
広島県出身。音楽好きの家族に育つ。 5歳より12年間クラシックピアノを習う。 高校よりアマチュアバンドに入り、ライブ活動を始める。その後大阪芸術大学舞台芸術学科に入学、演技を専攻。 独特なキャラクターにより、ジュール・ルナール作「にんじん」や宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」などで主役を演じ好評を得る。 芝居と当時に活動を続けたバンドでは、数々のコンクールで受賞。 YAMAHA第1回ライトミュージックコンテスト(L.M.C)全国大会レディース部門で最優秀賞を受賞。その直後よりプロとしてソロ活動を始める。 ブラックコンテンポラリーミュージック(R&B、BLUES、FUNK)を原点にJAZZも取り入れた活動を始める。 メジャータレント等のレコーディングバックコーラス、モデルシンガーを2年間つとめる。またCMソングの録音を数々こなす。 現在、関西においてはJAZZ、POPS、R&B、GOSPEL、LATINなど、ジャンルを問わず幅広く、ライブハウスやイベント、ホテルのラウンジなどにおいてライブ活動を続ける。そのほかボイストレーナーとしての後進の指導にも定評がある。
“平田絵理(ひらたえり)”
ボーカルコース(得意なのはPOPS,R&B,GOSPEL、レッスンではどんなジャンルでも教えます)
■経歴
小学1年~高校3年までクラシックピアノを習う。小学5年生の時、アコーディオンを弾き、合奏コンクール西日本大会で大阪厚生年金会館で演奏。学生時代はテニスや英語に興味を持つが、社会人になってからボーカルでバンド活動を開始し、数々のバンドコンテストや歌のコンテストで受賞。2006年に脱サラ(古い、笑)し、本格的に音楽に専念するようになり、講師業やライブ活動などを行っている。
“泉
ボーカルコース
■経歴
高校からドラムでバンド活動を開始し、卒業後も大阪各地のライヴハウスで活動を続け、途中でボーカルに転向。パワーサウンドスクールにてボイストレーニングを受けながら佐藤竹善氏(Sing like talking)のライヴにクワイヤとして参加。正しく厳しい発声トレーニングをその後も続け、そのスクール主催のVoコンテストでも2年連続トップを獲得。。現在は若手の新進ミュージシャンと結成したバンドをはじめ、ゴスペルグループ「spirit of Brown eyed soul」、名村タケシ(ボ・ガンボスのトリビュートアルバムを手掛けたプロデューサー)氏による70年代サウンドを再現する「There days」でコーラスを担当する。
“蔵下真由美(くらしたまゆみ)”
ボーカルコース、シャンソン以外ならなんでも OK !
■経歴
社会人経験後、日本脱出。数年後帰国、ボーカリストとして京阪神で活動をはじめ現在に至る。
“優貴(ゆうき)”
ボーカルコース
■経歴
音大(声楽科)卒 バンド活動でのライブツアー 円広志のサイドボーカル CM録音 日本縦断ミュージカルリードボーカル コーラス、アカペラグループ ヴォイストレーニング指導歴20年 現在もライブ活動中
“ikura”
インストゥルメンタルセレクトコース、ボーカル科
■経歴
高校時代に軽音楽同好会でロック・ポップスのコピーバンドを始め、関西大学軽音 楽部時代はR&B・SOULに目覚め、モータウン系、JAZZ・FUSION系のバンドで活動開始する。 在学中より様々な企業イベント、レストランなどでプロとして活動し始める。 現在は、JAZZ・SOUL系の自己ユニットでのライブ活動を中心としてTVCMのサウンドロゴやボーカル、他に舞台音楽等の音源制作に携わる。
“chihiro”
インストゥルメンタルセレクトコース、ボーカル科
■経歴
3才からピアノを習い歌う事が大好きです(^<^) 【様々なレコーディングから定期的なオリジナルを含む自らのライブを精力的にこなす。 ナチュラルなヴォイスを特徴とした素直な歌が聴く者から高い評価を得ています】
“Hiroco”
ボーカルコース
■経歴
学生時代キーの高いジェフベックグループの曲を歌える人がいなかったためバンドのヴォーカルに抜てきされ音楽に目覚める。その後、多くのコンテストで注目されたのち・・バンド"The Club"に参加する。全国で活躍する"ミュージシャン"達と出会いコンサートやライブワークを重ねる事となる。その頃から自からの活動と平行して"円広志"や"明石家さんま""ダウンタウン"等のコーラス&レコーディングプレーヤーとしても活躍し、多数のミュージシャンから刺激を得る。業界からの評価も高く彼女のハスキーで魂のこもったヴォーカルは聴く者の心を揺さぶる。現在は関西ロックギタリストの雄でもある"道祖淳平"とのユニット"Yah-Do!"のリードヴォーカルとして活動中。一方では、関西CM界も席巻する。・・・あのタケモトピアノのコーラスも、じつは.....。 ◆Yah-Do!とは?? ヴォーカルの"Hiroco"とギターの"道祖淳平"がアコースティックギターとヴォーカルのみでロックをやろうと結成。96年末にパーカッションの中村岳がカフォーンで参加。主にフラメンコで使用されるペルーの打楽器をメインにアフリカ打楽器のジンベやシェケレ等を演奏し・・オリジナルCD"Aqua"を発表する。その後"中村岳"は、メンバーを外れるがロックをベースとして、ジャズ、フォーク、ワールドミュージックなども感じさせる音楽をクリエイトし各地でライブ活動を展開している。
“佐々木
ボーカルコース
■経歴
1983年京都平安高校卒業、硬式野球部に3年間在席。甲子園を目指すが夢は果たせず。卒業後、社会人野球からの誘いを断り、中学時代から書きためていた歌を引き下げ、ライブ活動を始める。絶妙なトークと甘い歌声で、確実に動員を増やし、23才の時にKBS京都ラジオのレギュラー番組(フリーキャンパス京都)を、3年間勤める。その後も、関西を中心としたライブ活動、イベントライブへの出演を続ける。 1993年の春に京都ミューズホールで行われたソロライブ“24時間会いたい”が、レコード会社のプロデューサーの目に留まりデビューのきっかけになる。その年の5月21日待望のデビューシングル”ピリオド、9月21日にはセカンドシングル“24時間会いたい”をリリース 1994年6月には、サードシングル”今夜悪女に”をリリース、京都の有線で1位になる。 1995年、歌手<やしきたかじん>に出会う。この年から『やしきたかじんコンサ一トツアー』に毎回AG&コーラスで参加するようになる。 1997年PIS(やしきたかじん事務所)に所属。4月9日、ポリスターレコードより、移籍第一弾シングル“涙は誰のせい”を発売。 ◆Discography シングル ピリオド、24時間会いたしい 今夜悪女に、涙は誰のせい。
コース料金