Lesson Report(レッスンレポート) サウンドエンジニア科 基礎コース「ミックス実習の巻」
1) 先生「よっしゃ。意気込みはOK(笑)」 生徒A「よし、やーるぞー。」 生徒B「前回のリベンジやな」

─ 機材セットアップ完了! ─

2)先生「さーて、どうする?」 生徒A「うーーー。」

生徒A
「ドラムが出てけーへん。フェーダーこんなに上げてんのに…なんで?」

 

 

先生
「なんか違う方法考えてみ。」

生徒B
「もっかい曲の頭に戻すで。」

生徒A
「うん。」

3)先生「見つけた?」

生徒A
「とりあえず他の楽器を下げてみたん ですけど…まだ足りないんすよねー。」

先生
「ふむふむ。ほな、例えばな、こんなんとか。 例えばやで、例えば。」

生徒AB
「おーーーーーー!!!!!」

4)生徒B「ちょっと見えてきたんちゃう?」 生徒A「うん。」

生徒B
「ちょっと見えてきたんちゃう?」

生徒A
「うん。エエとこまできてんねんけどな、このギターの音が気になる。」

生徒B
「せやなぁ…確かにちょっと軽いかなぁ。」

先生
「ふんふん」

生徒A
「わからんくなってきた。休憩してもイイ?」

先生
「その方がエエやろな(笑)。」─  しばらく休憩…… そして  ─

5)先生「ラストスパートやでー。」

生徒B
「エエ感じなんちゃうんコレ、どう?」

生徒A
「やばい、リベンジやのにー(汗)」

生徒B
「時間あるだけ使うなぁ…。」

6)生徒「先生、今日のところはこれで…。」

先生
「これで勘弁してください?」

生徒A
「そんなとこです(汗)。」

先生
「まぁまぁ、まだ2回目にしたらエエ感じちゃうか?
これはこれでアリやと思うで。ほな、何かにダビングして持って帰って家で聴いてみ。」
生徒A
「ぐはー…」
生徒B
「でも前回よりはイイんちゃう?」
生徒A
「それはそうやねんけど…」

7)先生 「まぁ、今はさぐりさぐり触ってる感じやから、時間もかかるやん?まだ最初やから仕方ないと思うで。極端な話、『これが正解』ってないやん?3人おれば、3人3様のものができあがる。なんせとにかくどんどん機材を触ってたくさん音を聞いて、『こうしたいからどこをどう触る』っていう感じで自分のイメージに音を近づけていけるようにする事からかなぁ。